インターネット証券の注意点

インターネット証券会社を用いることは手数料の安さいつでもどこでもできるという点から誰でも株の売買ができるというメリットがあり、これがとても多くの人が利用する理由です。通勤中の電車内や家事や育児の空き時間、仕事終わりの晩酌中、様々なところで時間ができたら取引をすることができます。また手数料が少ないために少額からの取引ができますし、利益も少額ながらも出しやすいです。

しかし、その反面相談できる人がいないことは不安が大きいものです。証券会社によってはインターネットや電話での相談ができる窓口ができますが、24時間窓口が開いているわけではないこと、人気の証券会社であれば電話がつながらないことも多いことから常に誰かに相談できるとは限りません。そこで、自分でチャートを見たり社会情勢のチェックをしたりと情報をしっかりと得ることが重要です。

逆に、相談する相手がいないことで自分できちんと勉強せねばとやる気が出ることもありますし、人に左右されずに自分一人でやりとりしたいという人には向いていると言えます。自分でやりとりを全てしなければならないことに不安がある際には、証券会社や投資家が主催する勉強会に参加して情報収集するのもオススメです。

株の始め方

株を始める際には、そのやりとりをする証券会社を選ぶ必要があります。証券会社によって行うサービス内容や手数料の違いというものがあるので、自分にあったものを選んでいきます。従来の取引というのは、株の売買をするために証券会社に足を運んで手続きを行っていました。窓口でやりとりを行うために窓口の営業時間内にしか取引ができず、仕事をしている人には窓口に行くことが難しいもので、リアルタイムに思うように取引ができないというデメリットがありました。

その代わり、自分で窓口に行くことでファイナンシャルプランナーの意見を聞きながら売買ができること、やりとりに不備やミスがないかということを自分の目と窓口担当の二人でダブルチェックをしての取引ができました。しかし、店舗を構えていること、従業員を雇う必要があることから手数料が大きく一度の取引で1000円近く取られてしまうということもありました。

インターネット証券というのは、インターネットを介してのやりとりを行うために、24時間やりとりができるのがメリットです。もちろん、株式市場のしまっている時間には取引ができず、予約となりますがこのおかげで自分が仕事中にもインターネット上で株の取引を行うことができます。また、インターネットを解するために店舗費用や人件費を抑えることができます。そのため手数料が圧倒的にリーズナブルであるために株の売買がしやすい、利益が上げやすいというメリットもあります。しかし、一人でやりとりをするために相談相手がいないこと、作業にミスがないかを確認するのが自分一人であるということの不安があります。