株の始め方

株を始める際には、そのやりとりをする証券会社を選ぶ必要があります。証券会社によって行うサービス内容や手数料の違いというものがあるので、自分にあったものを選んでいきます。従来の取引というのは、株の売買をするために証券会社に足を運んで手続きを行っていました。窓口でやりとりを行うために窓口の営業時間内にしか取引ができず、仕事をしている人には窓口に行くことが難しいもので、リアルタイムに思うように取引ができないというデメリットがありました。

その代わり、自分で窓口に行くことでファイナンシャルプランナーの意見を聞きながら売買ができること、やりとりに不備やミスがないかということを自分の目と窓口担当の二人でダブルチェックをしての取引ができました。しかし、店舗を構えていること、従業員を雇う必要があることから手数料が大きく一度の取引で1000円近く取られてしまうということもありました。

インターネット証券というのは、インターネットを介してのやりとりを行うために、24時間やりとりができるのがメリットです。もちろん、株式市場のしまっている時間には取引ができず、予約となりますがこのおかげで自分が仕事中にもインターネット上で株の取引を行うことができます。また、インターネットを解するために店舗費用や人件費を抑えることができます。そのため手数料が圧倒的にリーズナブルであるために株の売買がしやすい、利益が上げやすいというメリットもあります。しかし、一人でやりとりをするために相談相手がいないこと、作業にミスがないかを確認するのが自分一人であるということの不安があります。